総量規制

総量規制は利用者を守るもの?

総量規制は借りる方が破産しないようにするために、貸金業者に適応されたサービスとなります。

 

貸金を中心としているサービスであれば、総量規制によって借りられる金額が制限されることとなり、基本的に年収の3分の1以下に設定されることとなります。また収入が不足している方には利用できない仕組みとなっています。

 

一般的に総量規制が適応されている会社を使うと、年収の金額に応じて利用限度額が設定されることとなり、金額自体はそこまで高くなりません。

 

また無収入の方は利用できなくなり、すぐに審査落ちとなってしまいます。利用出来る幅が決められていることをしっかり考えて、借りることをしなければならないのです。

 

総量規制は貸金業者に適応される法律であり、破ってしまうことはできません。ただおまとめローンのように例外がある場合もありますので、会社の説明をしっかり読んで、利用出来る部分と出来ない部分があることを理解してください。

 

全てに適応されるわけではないです。

銀行系は対象外

銀行というのはそもそも貸金だけで頑張っている企業ではありませんから、総量規制を適応させる必要性が全くありません。

 

従って総量規制が適応されるのはキャッシングを行っている会社となり、銀行のカードローンは対象外となります。銀行側に申込みをすると、思っていた以上に利用限度額が高くなるのはこのためです。

 

総量規制によって収入によって決められる部分が少なくなり、利用限度額が高めに設定されることが多くなります。

 

これによって利用出来る額が多くなるのはいいですが、その分だけ審査は厳しくなってしまうことが多いです。ただ利用限度額が高くなるのは、大量に利用出来るという部分では有効となります。

 

銀行のカードローンは対象に入っていないことを理解して、申込みの際は無理に利用限度額を下げなくても大丈夫です。

 

もし利用限度額を下げなければならない時は、総量規制の影響があるかどうかも含めて考えてください。銀行は対象外なので問題はありません。