キャッシング 取り立て

キャッシングの取り立ての実情について

キャッシングをしても順調に返済が出来ている間は何も問題はないのですが、返済が滞ってしまった場合に気になるのが取り立てについてだと言えます。

 

一般的なイメージでは金融会社の取立てというのはヤクザまがいの人が家まで押しかけてきたり、まるで脅迫のような電話が家や最悪のケースでは職場にかかってくるといったものです。

 

ですが現在ではそのような取り立ては法律で禁止されているので、債権者でもあまり乱暴なことは出来ないので安心してください。また中小の金融会社ほど早い段階で取立てが始ります。

 

なので大手銀行系の場合は数日遅れたくらいでは取りたては始りません。また基本として紳士的なマニュアル対応の電話やハガキで支払い期日が過ぎている旨を伝えてきますし、周囲にバレない様に配慮してくれます。

 

ですがその後も入金や連絡を怠った場合は毎日電話がきたり、職場に電話がくることもあり1ヶ月程支払いが遅れ連絡もしないと直接自宅に訪問されてしまいます。

絶対に手を出してはいけないのが悪徳業者

2010年より施行されている貸金業法により暴力的な言動や早朝や深夜の取立て、勤務先への取立てや借金を周囲にバラすこと、プロに債務処理を依頼した後の取り立ては禁じられています。

 

なので大手銀行や消費者金融などの取立ては現在では非常に紳士的なモノになっていますが、闇金や悪質業者などにはそれは通用しません。

 

銀行系や大手消費者金融でお金を貸してもらえず、さらに中小金融業者でも駄目だったからと闇金や悪徳業者、違法業者と分かっていていながら背に腹を変えられずにお金を借りてしまう人が存在します。

 

ですがそのような悪徳業者の場合取立ての際に法律を守るということはありません。なので悪徳業者には絶対手を出さないことが鉄則です。

 

悪徳業者は審査がゆるく通りやすいのが特徴ですが、その分金利は高く1度借りてしまうと借金の完済は非常に難しく、利息だけを払い続けて元金は減らないといった借金漬けの生活になります。

 

また徳業者と関係すると自分や自分の家族も様々なトラブルに巻き込まれる可能性があるので悪徳業者に借りるくらいなら自己破産した方が賢い選択だと言えます。